ネットで何かを購入しようとして検索を行うユーザーは「どのようにして商品を選べば良いのか?」というような情報やノウハウをコンテンツに求めているようです。

例えば、多くのECサイトにはユーザーが購入した商品の購入履歴を元にして他の商品をレコメンド(推奨)するというような仕組みがあります。

この仕組みは全てのユーザーに対して提供されるものではなく、あくまでもその仕組みを提供しているECサイトで商品を購入したことがあるユーザーに向けて提供を行っているものになります。

そのため、誰でも商品をレコメンドしてもらえるというわけではありません。

また、もしこのユーザーに対してレコメンドを行う仕組みの精度が低かった場合には使用するのが難しいケースも出てきてしまうかもしれません。

自分が購入すべき商品を決める際、ユーザーは購入すべき商品の選択をアシストしてくれる様々な情報やノウハウを活用する場合があります。

ユーザーが商品を購入する際にアシストをしてくれるこの様々な情報やノウハウは言い換えれば「ツール」であり、「ユーティリティ(機能)」ではないでしょうか。

        

【GRINDEL】ユーザー視点でSEO対策のTOPへ戻るの画像