Blog

音声検索

SEOが変わらなければならないと思うのは、グーグルのサービスの幅が明らかに広がっているからです。音声検索もかなり進化しており、我々の生活を変えています。SEO担当者は単にサイトへのトラフィックに関心を向けていればいい時代は終わったと考えるべきです。クライアントのブランディングや戦略と向き合った時、より総合的なマーケティングで勝負しなければならないのです。では2020年以降はどうなるのかと予測してみると、私は大きな変化があると結論付けます。実際、今までの常識であった大手企業のサイトの上位ランキングが瓦解しています。逆に上位を維持しているサイトを見ると、どうも権威性が一つのキーワードになるように思います。特に知名度の高いサイトは益々評価されるのではないでしょうか。しかしこれは旧SEOへの回帰でもあります。何故なら被リンクは権威性と関係するからです。つまり今までのSEOが無意味になったわけではないのです。そして気を付けたいのは、「権威性」の意味です。我々はどうしても有名人やテレビに出ている人を権威性と結び付けますが、どうもグーグルはそれを基準にしているわけではなさそうです。ですからネット内で評価されているという、新たな基準をグーグルが作りつつあるのだと分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です